FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

ネオ・スピリチュアル・アセンション

エハン・デラヴィさん、中山康直さん、白峰 由鵬さん、澤野大樹さんの共著『ネオ・スピリチュアル・アセンション』を読みました。

4896341678.jpg



大変読みやすい本ですが、アセンションについて多くのヒントが書かれています。

このブログのタイトルにもなっているアセンションですが、この言葉は 発信する人によって意味も微妙に異なり、まだハッキリとした定義がないように思います。

アセンションという言葉を一番最初に日本に伝えはじめた人は、以前このブログで紹介した『パワーか、フォースか』の訳者エハン・デラヴィさんだと聞いたことがあります。

そこで、エハンさんによる アセンションについての解釈を この本の中から、ご紹介します。

『アセンション』とはさなぎが蝶になるような、完全に変わってしまう『変容』を意味します。さなぎは硬くて重い殻の中にロック状態にあります。それに比べて蝶は軽くて美しく、また自由です。この二つは同じ存在から発するのですが、その同じ存在はまったく異なる段階があるのです。言うまでもなく、蝶はさなぎよりももっと進化しています。蝶はさなぎからアセンド(上昇)するのです。蝶はさなぎがいなければ、アセンドできません。その自然界の法則と私たち人間はまったく切り離されているものではありません。そして、私たち人間の意識状態は今、まさにこのようなダイナミックな変容の時を迎え、もっと高度な意識、つまり、もっとリアルな世界への種がたくさん育っている真っ最中なのです。(ネオ・スピリチュアル・アセンションまえがきより)

エハンさんによると、私たち人類のDNAの中には、さなぎが蝶になるように、進化へのプログラムがなされているとのこと。ボディーを形作るなどの現在解明されているDNAの働きはほんの3%程度にすぎず、あとの97%は我々の想像を絶する機能を持っているといいます。それは例えば、すべての生命体とのテレパシー通信をするための機能であったりするようです。インターネットのように各々がつながるシステムを実は我々は有しているということです。そして、それを使える人が次々にでてくる時代がやってくるということです。

では どうすればアセンションできるのか。それがこのブログのテーマでもあります。

そのための勉強を私は日々しています。
そして、明日は私が楽しみにしていたある講演会がある日です。

神戸ワールド記念ホールで行われる講演会 DISCOVER に行ってきます。
アセンションについてもたくさんのヒントがあることでしょう。
内容などについては、また後日 ここでご報告いたします。



ご質問、ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。Earth-message.jpg
          地球が癒される

お読み下さりありがとうござました。
ランキングに参加しています。
よろしければ、ご協力ください。
果たして今は何位でしょうか?
↓ここをクリックしてください!

なお、このブログはリンクフリーです。
転載も特に事前の連絡は必要ありませんので、お気軽にどうぞ!

別窓 | アセンション | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<スピリチュアルイベント『DISCOVER』に行ってきました。 | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | クォンタムリープについて>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-12-27 Wed 14:57 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |