アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

出口王仁三郎さんが霊山修行した高熊山に参拝させていただきました。

本日、2007年7月7日、大本(大本教は正しくは大本とだけ記すそうです)の教祖・出口王仁三郎さんが明治31年2月9日に霊山修行をした高熊山に参拝させていただきました。

大本は、出口直(なお)さん、出口王仁三郎(わにさぶろう)さんの2人が、宗祖となって始まった宗教です。

なぜ、大本の信者でもなんでもない、私がこのような機会をいただけたのか。

それは、このブログを通じて川口喜三郎さんの講演会で知り合った、ある女性からのお誘いをいただいたからです。

先日、6月22日(金)の本部参拝もそのご縁でのことでした。

私は、以前から何度かご紹介している岡本茂吉さんという方の論文を読んでいるときに、大本のことがいくつかの箇所に書いてあること(世界救世教という宗教の教祖である岡田さんは大本の出口王仁三郎さんの弟子でだったそうです)、そして、船井幸雄さんが、著書や講演で何度も大本について触れておられることなどから、この団体に興味をもっていましたのでこれらの機会を大変ありがたいと感じています。

そういうわけなので、大本については私はまったく詳しくないのですが、少し調べると大変面白いことがわかってきます。

何が面白いのか。

まず、出口王仁三郎さんは「大本は、世界大改造の『(原)型』(=雛形・ひながた)をする(演じる)所」と説明していたそうです。

そして、大本で起こった事は、将来必ず、日本に起こる。日本に起こった事は、必ず世界に起こる、と説明されていました。

これを、「雛形経綸」(ひながたけいりん)といいます。

では、大本で、起きた出来事を簡単に列挙してみます。

・出口直さんには、『艮(うしとら)の金神(こんじん)』なる霊が現れ(明治25年)、ひらがなも読めない直に、自動書記現象が起こり、直さんは、「大本神諭」(おおもとしんゆ)一万巻を書き記した。

・出口王仁三郎さんは、この高熊山で、幽体離脱体験を経験し、この時の神秘体験により「過去・現在・未来に透徹(とうてつ)し、神界の秘典(ひてん)を窺知(きち)し得ると共に、現界(=地上世界)の出来事などは、数百年、数十年の後まで、知る」ことが可能になった。

・この高熊山での神秘体験の事は、後年、出口王仁三郎さんが、口述筆記で、「霊界物語」全81巻83冊にまとめた。驚くべきは、そのスピードで、約1年で、42巻を書いた時期があった。各巻とも、300Pはある著作は、平均3日で作られた。

・出口直さんは、日清・日露戦争を、王仁三郎さんは、第1次世界大戦他を予言した。2人とも、病気治しを行い、王仁三郎は、天候の奇跡を見せたりした。

・「大本の黄金時代」には、大本の勢力は、五大陸全世界数十ヶ国に広がった。また大本を母体にした「昭和神聖会」は、昭和10年に、会員・賛同者800万人を集めた。

・急成長した大本に、脅威を抱いた警察は、2度にわたって、大本の教団施設を、ダイナマイトで破壊した。また、教祖(王仁三郎さん)、信者らは、逮捕された(第1次、第2次大本弾圧事件)。

前述したとおり、世界救世教や生長の家など、 現在存在している新教団の多くは、かつて大本の信者だった方によって設立されていることも、面白い事実です。

また、以前少しご紹介した「日月神示」は、画家である岡本天明さんに起こった、自動書記現象によるもので、出口直さんの書かれた大本神諭の続編とされています。

私は雛形経綸という言葉にもあるように、大本はすべての大本になっているのではないかと感じています。

そういうわけで、私は以前の記事でも書いたとおり、『今の時代、もはや宗教の役割は終わっており、現在までに各人に縁のあった宗教、神様・仏様は大切にするのがいいけれども、いまからあえて新たにどこかの宗教組織に入る必要はない』と思っていますが、大本には宗教という枠を超えた興味を抱いてしまうのです。
さて、この大本と、このブログで紹介している川口喜三郎さんにはいくつかの面白い符号があることがわかってきました。

明日の記事でこの辺のことをご紹介します。

途中に清水があり、参詣者はここで、手と口を清めます。
takakuma1.gif


王仁三郎さんはここで飲まず食わずの状態でこの岩窟に端坐していたといいます。
takakuma2.gif


王仁三郎さんはここで顕真実に到達しました。
takakuma3.gif


ガマ岩です。この周囲で王仁三郎さんは修行しました。
DSC_0105.jpg


王仁三郎さんはこの小幡神社でも神の啓示を受けたといいます。
DSC_0122.jpg


前回(6月22日)に引き続き、大本の楽天社事務局長でいらっしゃる高木日出喜さんにご案内いただきました。この機会を与えてくださいましたとんちゃんさん、高木さんありがとうございました。

すごいプレゼント当たるランキングクリック●ここ●ここをお願いします!詳しくは●こちら

ミクシィIDをお持ちの方はよろしければ各コミュニティにご参加ください。
(ミクシィIDをお持ちでない方で、参加希望の方はその旨メールください。)

●『超能力者川口喜三郎さん喜楽の会』コミュニティ
●『世界の平和と人の幸せを祈るPEACE-PRAY23』コミュニティ
●『斉藤一人さんの「つやこ49」』コミュニティ
●『ブラジル人予言者ジュセリーノさん』コミュニティ
●『中西研二さんディクシャ奇跡の水』コミュニティ
●『カラーコードに興味があります』コミュニティ

お気軽にご質問、ご意見、ご感想をぜひお寄せください。
下の地球のロゴ、あるいは、こちらをクリックしてください。

Earth-message.gif
          地球が癒される
別窓 | アセンション | コメント:1 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<ヒーリングアート作家 天使河原先生の展示会に行ってきました。 | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | 川口喜三郎さん(癒しの超能力者)講演会初参加体験レポートその159~会場へ入った途端、そこが癒しのオーラで満ち溢れていることがわかりました~>>

この記事のコメント

こんにちは、私も先日高熊山に参拝に行かせていただきました。曇り空でしたが、一緒に5日間を過ごした十名ほどの方々と、杖をつきながら山道を半時ほど登ったのであります。慣れないので、足下に注意しながら歩いていましたが、ある時に立ち止まり、小川のせせらぎに気が付きました。子供たちははしゃいで駆け上がって行きました。以上です、ありがとうございます。
2014-04-03 Thu 14:07 | URL | つとむ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

高熊山に参拝したことが写真入りで記されています。「出口王仁三郎さんが霊山修行した高熊山に参拝させていただきました。」『アセンションへの扉~地球が癒される』 …
∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |