アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

杉本彩さんのチャリティーイベントに行ってきました。

今日3月17日は

私のお友達でラテン歌手の寿永アリサさんも

出演されるということで

杉本彩さんの動物愛護チャリティーイベントに行ってきました。

彩さんは、

【動物が虐待を受ける世の中では

次に弱い立場の子どもたちが虐待を受ける世の中につながる。】と

動物が虐待を受けることを防ぐ

アニマルポリスの設立や

京都市で設立が計画されている

京都市動物愛護センター(仮称)の実現に向けた取り組み、

動物虐待や行政による動物の殺処分の現状を

広く伝える活動をされています。


日本では

年間20万頭以上の犬猫が、

ガス室に送られ、

窒息死という惨いやり方で

殺されている中で

京都市では過酷な苦しみを与える

ガスによる処分を廃止し

かつ年間20頭程度まで減らす努力をし

現在も殺処分ゼロに向けて

先駆けて取組をしている行政でもあるということで

京都でのイベントが企画されたそうです。

杉本彩さんが保護した愛犬小梅ちゃんの変化がすごい
20120526_sugimotoaya_03.jpg

sugimotoaya_03.jpg

杉本彩さんがチャリティーライブ 動物愛護訴え、華麗なステップ 京都
2013.3.17 02:16
 
女優でダンサー、動物愛護活動家でも知られる杉本彩さんが16日、

京都市下京区の京都産業会館で

「動物たちのためのチャリティーライブ 杉本彩の華麗なるアルゼンチンタンゴ」

(府、同市後援)を開いた。

ライブは、平成26年に同市が開設予定の施設「京都動物愛護センター(仮称)」の建設と

運営を支援するのが目的。

杉本さん自身も捨てられたイヌやネコ13匹の里親で、

「何かお手伝いを」とボランティアでイベントを企画した。

この日は、杉本さんの情熱的なアルゼンチンタンゴショーで幕開け。

チャリティーオークションでは友人のタレント・岡本夏生さんも駆けつけ、

インテル・ミラノで活躍する長友佑都選手のサイン入りユニホームなど、

著名人が寄せた“お宝”が次々と登場して会場を盛り上げた。

収益と寄付金は同市に寄付する。

ライブは17日も開催。

第1部では映画「アニマルポリス」上映やトークショー(午後1時、当日1500円)、

2部ではタンゴライブ、オークションなど(午後5時、同5500円)。


・・・・・・・・・・・・

彩さんの思い
彩さんのブログ過去記事より転載



私がお話させて頂いた内容は
以下の通りです。


ペット大国日本の

悲惨な現状は、
直視するには

耐え難いほどのものであること。




私の活動の中で、
保護した猫を
里親さんに差し上げる時、


もし、無責任にも

飼育放棄した場合、
犬猫が保健所や
動物管理センターでたどる運命が
どのように悲惨なものかを収めた
本を渡すのですが、
その理由は、

責任を持って

終生飼育して頂くためであること。




日本では

年間30万頭以上の犬猫が、
ガス室に送られ、
窒息死という惨いやり方で
殺されていること。




これから自分の身に
何が起こるかもわからず、
怯えながら体を寄せあって震え、
そして15分もの間、
酸素を求めてもがき苦しみ、
のた打ちまわり死んでいきます。




歩くのもおぼつかない老犬も、
否応なしにガス室に追いやられます。




犬猫は苦しさのあまり、
目を大きく見開いたまま、
口からは泡を吹き、
無惨な姿で息絶えます。




無酸素状態でもなかなか死なない
子猫や子犬などは、
生きたまま焼却炉で焼かれます。




保健所に持ち込まれた犬猫は、




病気をしたから、




歳を取ったから、




番犬のつもりで飼ったけど
吠えてうるさいから、




不妊去勢手術もせずに、
また子供を産んで増えたから、




違う種類を飼いたくなったから、




という耳を疑うような
身勝手な理由ばかりです。




このような、
いらなくなったからという理由で、
なんの罪もない

犬猫の命を殺すことに、
罪の意識さえ感じない人が

沢山いるのです。




この人たちは、
みな普通の人で、
特に世に目立つ悪人ではないのです。




保健所に持っていけば
行政が殺してくれるから、
行政がやっていることなので
罪の意識がないのです。




公然と引き取って、
ひっそりと殺してしまうものだから、
どんなふうに死んでいくかも
飼い主は知らず、
知ろうともせず、
自分が手を汚さないものだから、
余計に罪の意識が芽生えないのです。




しかし実際には、
30万頭というのは、
保健所や動物管理センターが
把握している数であって、
その生産過程や流通過程で、
殺されてしまった
犬猫の数は入っていません。




最近ではマスコミも
この現状を積極的に
取り上げてくれるようになり、
多くの国民が知ることとなりました。




皆心を痛めていますが、
なぜこういう犠牲が

生まれるかについては、
認識していない人が
まだまだ多いのが現状です。




ペットショップでの

生体展示販売は、
生後8週間にも満たない犬猫を、
小さくて可愛い間に、
売ってしまえ、
という衝動買いを
促すようなやり方です。




これが無責任な飼い主を
増やす要因であることは否めません。




生体展示販売が存在する以上、
劣悪な環境の中、
まともな食事も新鮮な水も与えられず、
ただ出産マシーンのように
何度も何度も子を産ませ、
使えなくなったら処分してしまう、
そんな悪質なブリーダーはなくならないのです。




経営悪化で

崩壊したブリーダーなどは、
何も与えず放置し、
病気と飢えで痩せ細り、
ボロボロの状態で死なせているのです。




東京の繁華街のど真ん中、
夜の街に、深夜営業の
ペットショップがありますが、
深夜の眠らなければいけない時間帯に、
明々と電気に照らされて、
小さなショーケースに閉じ込められた
犬猫を展示すること自体、
虐待です。




そんな環境で

幼い時期過ごすのは、
子犬子猫の心身にもリスキーなことです。




犬猫が問題行動を起こす場合、
そんな環境にいたことが
要因であることも否定できません。




さらに、
酔って判断力の低下した人間に
犬猫を売ることは許されないことです。




犬が噛んだからいらない、
なんて理由で捨てる人もいるわけですから、
生体展示販売は悪循環の一因です。




夜の繁華街で
公然と虐待が行われていることに、
私たち日本人は恥じなければいけません。




人間の利益のために作られた命は、
無駄な命という犠牲を生みます。




その犠牲は、
人間が救わなければいけません。




保健所や管理センターは、
殺処分所であってはいけないと思います。




犬猫を保護して、
里親を探す施設として
機能しなければならないこと。




虐待の定義を明確にし、
悪質なペットショップの生体展示販売や、
悪徳ブリーダーが淘汰されていくような、
法律やシステムを作って頂きたいと、


私たちが

心から願っていることを、
お伝え致しました。











うちには

現在3匹の猫がいて、
抱っこをせがんだり、
私の膝の上を取り合ったり、
頬を寄せて眠ったり、
彼らには心と感情があります。




ふかふかのベッドや
クッションの上で
気持ち良さそうに眠る姿を見ると、


愛おしいという
幸せな気持ちと同時に、
こんな幸せな環境で
安心して眠れない子たちが
沢山いるのだと、
その向こうに
かわいそうな子たちの姿や
思いを感じてしまい、
どうしようもなく
悲しい気持ちに襲われてしまいます。




一度も愛されることなく、
ただ殺されるためだけに生まれた命…。




家族だと信じていた人間に裏切られ、
それでも飼い主を信じて待ち続けたのに、
無情にも断ち切られる命…。




死んでも誰も悲しんでくれない
かわいそうな命…。




せめて、

今度生まれてきた時には、
いっぱい撫でて、
キスして、
愛してくれる家族に出会えることを
願わずにはいられません。




この問題は、
教育の問題とも深く関わっています。




命は尊いもの、
大切にしなさい!




弱い者に優しく接しなさい!




そういう道徳を、
子供たちに
教育していかなければならない社会が、
弱き犬猫の命を簡単に
殺処分をしているという矛盾。




介護の問題も教育の問題も、
すべてはこの道徳が
土台にあってこそ
成り立つものなのに…。




そして、日本が
真の先進国であってほしいという
願いを込めて、


ガンジーの
『国家の偉大さや道徳的水準は、
 その国で動物が
どう扱われているかによって判断することができる』


という言葉を、
最後にお伝えして
締めくくらせて頂きました。




涙ぐみながら聞いて下さった議員の方や、
自分も保健所から

引き取った犬がいるのだと、
言葉を詰まらせる議員の方もいらっしゃいました。




このような貴重な機会を頂けたことは、
本当によかったと思います。




これからも、
来年の法改正に向けて、
私たちでその動向を
しっかりと見ていきましょう!




現状のペットビジネスで
利益を得ている人が沢山いる以上、
あらゆる思惑が影響し、
この法改正は、
一筋縄ではいかないことでしょう。




何を選択すれば犬猫は救われるのか、
いろんな人がいろんな主張をすることでしょう。




それらを統制し、
解決へのシステムを構築するのは、
とても大変なことだと思いますが、
もうこれ以上、
人間のエゴで犠牲となる
犬猫を増やさないよう、
エゴによる愚かな戦いは避けたいものです。




その日、
参加されていたライターさんから、
こんな話を聞きました。




ゴミ袋に入れてアビシニアンの
子猫が捨てられていたそうです。




ガサッと動いたから

気が付いたそうです。




このような場合は、
完全にペット業者の仕業です。




何かの理由で売れなくなった子は、
このような形で生ゴミと一緒に
処分される場合も多いのです。




なぜなら、基本、
保健所やセンターは、
業者から引き取らない決まりになっています。




ですから、このように
処分される命が沢山あります。




ですから、年間30万頭以上の、
私たちが把握できない数の命が
処分されているのだということも、
しっかりと踏まえた法改正が必要なのだと、
改めて考えさせられました。




皆さんの身近なところから、
この愚かな日本の現状を、
一人でも多くの人たちに語って下さい。




よろしくお願いします!


別窓 | わたくしごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<03/17のツイートまとめ | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | 03/16のツイートまとめ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |