アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

超能力者川口喜三郎さん『喜楽の会』通信(まぐまぐメルマガ) 無料購読読者受け付け中!

session.jpghealing.jpg

できるだけ毎日更新
この記事は常にトップに掲載しています。最新記事は次の次のページです。

日本の自殺者を減らす
ブログ&メルマガを目指します。

遠隔ヒーリング
電話での遠隔ヒーリングを毎日、電話で受け付けています。
080-3543-1501
つながったらラッキーです。
つながらなかったら何度でもお電話ください。
効果があった場合のみ1円~のカンパ金をいただいています。

経済・精神・肉体・家庭・社会
5つの分野すべてが向上するお手伝いをさせていただきます。
毎年3万人いるといわれる自殺者を一人でも減らすお手伝いをします。

不思議体験プレゼント
不思議体験ができる色鉛筆や喜念カード、天然塩、石鹸など
さまざまなプレゼント企画をしています。

メルマガもあります。
日本の自殺者を減らすメルマガ
超能力者川口喜三郎さん喜楽の会通信
配信頻度:ミラクルが起こる度

登録フォーム メールアドレスをいれてください。






日本の自殺者を減らす
ブログ&メルマガを目指します。


日本の自殺者は毎年3万人以上。

潜在的には毎年10万人を超える可能性も。

その理由の多くは経済・肉体・精神に関することといいます。

そして、これからの日本経済の行く末を考えたとき

さらに増える可能性もあるこの数字。

私はこの数字を一人でも多く減らしたいです。

今日、2012年11月14日からブログのテーマに

自殺者を減らすことを加えました。

自殺寸前でこのブログに出会って

くい留まることができたという

プライベートメッセージは

これでも多くいただいてきましたが

今後はそれをもっと意識していきます。

あなたのまわりにもいませんか。

一人でも多くの悩める方に

このブログの存在をお伝えください。

応援クリックを毎日押してください。

あなたはこのブログと人をつなぐだけで

人の命を救えるかもしれません。

2012年11月14日からの連載記事を

お読みください。


世界一の縁結びの達人※
経済向上遠隔ヒーラー
癒し人(いやしびと)
1+1=∞ 喜多広至
※世界一の縁結びの達人の理由についてはこちら

経済向上

精神安定

肉体健康

家庭円満

社会繁栄

のチャリティ(無料)ヒーリングはこちらから



こんにちは!いつもありがとうございます!
まずは念じながらランキングクリックお願いします!
もっと多くの人に知られるブログになって
一人でも多くの自殺者を減らします。
再びトップ3入りを目指しますので毎日クリックよろしくお願いしますm(__)m
私の父はみなさんの祈りの力でメラノーマが消失しました。
皆さんの念じる力を信じています!

◎地球が癒される!(fc2blogranking)
◎日本の大地が鎮まる!(人気ブログランキング)
◎全ての人に全ての喜びごとが雪崩のごとくおこる!(ブログ村ランキング)
◎地球にありがとう!(Airranking)
ご協力ありがとうございます!クリックいただいた方へ感謝を込めたプレゼント詳しくはこちら


このブログにはじめてこられた方へ。
アセンションへの扉読者参加型体験感動実録ブログへようこそ!


このブログは目に見えない
祈り、念いの力を体験していただき、
意識変革へのお手伝いすることを意図して
日々更新しています。


川口喜三郎さんとは、阪神大震災をきっかけに全国での講演活動を始められた『癒しと経済向上の超能力者を作る超能力者』です。目に見えない世界、人間の想念の力を知るきっかけとして、当ブログで紹介したところさまざまな現象が起こったと感謝のメールが届くようになり、私自身と読者の皆さんの体験を通して、私は人間の想念の力についてより確信を深めてきました。川口さんの講演内容はブログテーマのアセンションとは直接関係ありませんが、そこで得られる体験・感動・気づきはそれに通じると感じています。参加された読者のレポートは、まだ講演会に参加したことのない方にとって大きな安心材料となるでしょう。体験をシェアすることは盥の水を押すことです。みなさまからのレポートを募集しております。(非売品の喜念カードをプレゼントしています)

川口喜三郎さんの講演会に参加するにはこちら

●メルマガ超能力者川口喜三郎さん『喜楽の会』通信

<配信頻度>ミラクルが起こる度

<主な内容>
・参加された方のミラクル体験レポート概要
・遠隔カードで起こったミラクル現象
・喜念カードの使い方、喜念カードプレゼント企画
・なにかのご塩の活用方法、割引
・川口喜三郎さん講演会日程情報
などなどです。

無料で登録でき、いつでも解除できます。

登録フォーム






このメルマガの発行頻度は

『ミラクルが起こる度』と

させていただいています。

ミラクルとは日本語訳すれば『奇跡』。

人間の通常の能力をはるかに超え

既知の自然法則では説明できない

不思議な事と解説されるでしょう。

しかしこれほど日常的に起こると

それはミラクルでもなんでもない、

当たり前の現象じゃないか!

といわれるかもしれません。

そう!

念い、祈りは届く。

それはミラクルではなくもはや当たり前。

多くの人にそのように感じていただくべく、

毎日発行できるようにしたいです。

そして、この時代に生まれ 

生かされていることこそ

当たり前ではなく

感謝してもしきれないミラクルだと

私は日々、感じています。

img049.jpg
喜念カードはさまざまな形で
プレゼントしています。
詳しくはこちらをご覧ください。

kawaguchikisaburou.jpg

川口喜三郎さんのこのお写真からも『氣』が出ているそうです。
何か感じる方はいますか?

お気軽にご質問、ご意見、ご感想をぜひお寄せください。
下の地球のロゴ、あるいは、こちらをクリックしてください。

Earth-message.gif
          地球が癒される

携帯からご覧の方は●こちらの携帯用ページからメッセージをください。

goenarigatou.jpg

川口喜三郎さんが宇宙最大の
縁結びの氣を入氣しているという【なにかのご塩】
こちらから無料でお試しいただけます。

goenkobukuro.gif


なにかのご塩などの体験レポートはこちら

<各種ご注文>
◎FAXでのご注文は◎こちらから用紙をダウンロードしてください。
◎ 携帯の方は◎こちらから
◎パソコンからはこちらの入力フォームからご注文いただくかもしくはhk0810@gmail.comから直接ご注文ください。→◎6868価格表
◎お電話でのご注文 080-3543-1501
●天然塩の世界最高峰『なにかのご塩』◎関連記事
●結晶果糖の世界最高峰『なにかのご縁でありが糖』◎関連記事
●なにかのご縁でストロングフコイダン
●川口喜三郎のもずくアミノフコイダン(90カプセル入り)
●醗酵黒蒸ニンニク アリシン・アホエンパワー
●なにかのご塩みそ◎関連記事
●水晶水溶液 水溶性ケイ素 umo(ウモ)◎関連記事
●無添加天然はちみつジャングルハニー◎関連記事
●超音波眼科治療器フタワソニック◎関連記事
●なにかのご塩せっけん68◎関連記事
●なにかのご塩せっけんローズ68◎関連記事
●なにかのご塩の湯68 80g×30袋
●ペーハーシェル68
●NTEボディーガード【電磁波シールドベスト】
●天然素材の雑妙なバランス医学博士堀田忠弘考案 蘇膚石けん◎関連記事
●スリームボール(5年間飲料用)
●マイナスイオンシャワー
●イオンウォッシュ(洗濯用ボール)
●イオンウィッシュ(風呂用ボール)
●菊芋の晶EX
●菊芋+三百年草
●ぴたっと68

(携帯からご覧の方は●こちらからお申し込みください。)

※ご注文いただいた方に、不思議鉛筆<非売品>を差し上げています。また、現在、塩・糖1kg合わせて5袋以上のご注文で喜念カードを1枚プレゼントしています。なにかのご塩石鹸10個セットご注文で喜念カード2枚プレゼントです。(無くなり次第終了します。)

※塩・糖1kg3袋以上もしくはご注文合計6,000円以上で送料無料です。
※代引きをご利用いただけます。
※塩・糖1kg5袋以上もしくはご注文合計10,000円以上で代引き手数料も無料です。
※塩・糖350gは3袋で1kg1袋と換算させていただきます。

ご注文いただいた方にはもれなく、
不思議体験ができる不思議波動色鉛筆1本をプレゼント!
何色がくるかはお楽しみです!

enpitsu.jpg
<説明文ダウンロード>
husigienpitu.png

session.jpghealing.jpg




月に1万円以上、カラープリントにコストがかかっている方へ。
インク使い放題カラープリンタ
canvas_20121203011001.jpg
月に1万1千円以上、携帯電話にコストがかかっている方へ。
他社携帯、国内固定電話に24時間
何度かけても月額定額の携帯電話のご案内。
muryou01.jpg

敏感肌のボスのためにつくった無添加手作り石鹸です。
PA01104093.jpg

↓クレジット決済での購入
ご希望の場合は楽天店からご注文ください
楽天店の場合、通常、不思議鉛筆(全員)、
喜念カード(1㎏5袋以上一括注文)は
つきませんがコメント欄に不思議鉛筆、喜念カード希望と
書いていただければプレゼントします。
ブログ専用のリピート割引クーポンは使えませんが
楽天ポイントが使えます。





別窓 | 川口喜三郎さん | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<★2015年 あけましておめでとうございます。 | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | 喜念遠隔ヒーリング体験談をいただきました。 ●O.Tさん 私は一人じゃないと思っててもいいのかな…と心強いような、、 ほんわりした気持ちにもなりました。>>

この記事のコメント

喜多様

12月に、お電話で遠隔転写をしていただきありがとうございました。
その後フコイダンを注文させていただき、予定どうりフコイダンと不思議鉛筆が届きました。
不思議鉛筆は丁寧にプチプチに包装されていましたが、私の所に届いた時は、真ん中あたりからギザギザに2つに割れていました。
残念に思いながらも、半分の長さでは使いにくかったので少し使って机の上に放って置きました。
1週間位たった今日の朝、ふと不思議鉛筆を使ってみようと手にとりましたら、2つに割れていた不思議鉛筆のギザギザ部分つながって1本になっていました。
びっくりしてすぐに使ってみましたが、使い心地も1本の鉛筆と変わりありませんでした。
本当に不思議を体験できる鉛筆だな〜実感しました。

ありがとうございました
2013-01-27 Sun 13:14 | URL | E.O #J2zsZYng[ 内容変更] | top↑
【真理と自然観】

《真理》

結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。

“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのか, と。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”

私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。我々の世界は質感。また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居らず, この世界・感覚・魂の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。



《志向性》

目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。

『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』

『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』

我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。



《思考》

『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』

思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)

『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』

『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』

考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』

『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』


生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。

生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。


*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。

己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識(現象)から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体と意識に連動して作用する。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。

『志向(作用)→肉体・機構』



然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。

然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)



【世界創造の真実】

世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。

しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?

言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。

これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。

例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。

そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。

愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。

私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。

しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。

「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」

同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。

「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」

神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。

あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。



【真善美】

真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。


善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。

△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)

千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。


美は活活とした生命の在り方。

『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』

予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることなく認識と相互してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


2014-10-23 Thu 12:47 | URL | 阿頼耶 #2pZiRV6o[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |