FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

なにかのご塩についてご質問をいただきました。

愛知県のH.Iさんから
なにかのご塩についてのご質問をいただきました。

よくお問い合わせいただく内容なので
そのまま掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・

お久しぶりです。
なにかのご塩で質問があります。
お風呂の中にある程度入れても大丈夫ですか?
風呂釜が錆びますか?

・・・・・・・・・・・・・

私からの回答

こんにちは!
いつもありがとうございます!

お風呂にたくさんいれてもまったく問題ありません。
風呂釜を痛める心配はありませんので
ご安心ください。

くわしくはこちらもごらんください。


風呂釜についての記述はこちらに書いてあります。


★なにかのご塩使用例とありが糖の特徴を参考までに書いておきます。

【 バスソルト(入浴剤)として 】
バスタブに2~3掴みほどの「なにかのご塩」を溶かすと身体が温まり、自家製のミネラル温泉になります。
【 歯みがきに 】
適量を付けて歯を磨き、歯ぐきを軽くマッサージすると歯ぐきが丈夫になり口臭や歯周病の予防になります。
【 洗濯に 】
「なにかのご塩」を一掴み入れると、洗浄・殺菌を助ける働きにより洗剤の量が少なくてすみます。2~3掴み入れると洗剤を使用しなくてもサッパリと洗いあがります。
【 洗顔に 】
少量の「なにかのご塩」を手の平で溶かしながら、顔全体になでるように軽く塗ります。しばらくおいたらサッと洗い流します。※「なにかのご塩」洗顔を続けているうちに、顔、まぶた、耳の周辺から大量の脂肪や目ヤニなどの老廃物が出てくるようになります。
【 全身美容に 】
気になる部分(太もも・お腹・ヒップなど)をやさしくマッサージするとポッポッと熱くなり、ほてりを感じたらしばらくおいて、落ち着いたら洗い流します。※ 洗顔と同様、脂肪や老廃物が出てくるようになります。
【 身体洗いに 】
そのまま石けん代わりに使うと、身体の汚れや無駄な脂肪を取り去る天然の洗浄剤になります。
【 洗髪に 】
洗面器に2掴みくらいの「なにかのご塩」を溶かし、地肌にやさしく擦り込むように洗髪します。洗浄、殺菌を助ける働きによって清潔に洗髪できます。
【 毛髪、頭皮の健康に 】
シャンプーの後「なにかのご塩」を地肌に塗って指先でやさしくマッサージしてください。しばらくそのままにして、最後によく洗い流します。
【 足裏のマッサージに 】
全身のツボが集中している足の裏に「なにかのご塩」をすり込むようにしてツボを刺激すると、一日の疲れがスッキリ取れます。
【 風邪をひいた時に 】
バケツに45℃のお湯を入れ、150g(2掴み)の「なにかのご塩」を入れて足をつけます。
【 便秘に 】
毎朝、コップ一杯(200cc)の水に5~6gの塩を溶かして飲むと細胞が活性化され、便秘に良いです。
【 ニキビ、湿疹、アトピー性皮膚炎に 】
1リットルの水に30~34gを溶かしローション代わりにして使います。
【 ペットの餌に混ぜて 】
ペットの餌に少し混ぜると、ミネラル不足が解消されて元気になります。

なにかのご縁でありが糖は、砂糖ではなく
果糖(フラクトース)です。
以下の特徴があります。

● 虫歯をつくらない
● カルシウム・ビタミンの消費がない
● インシュリンを消費しない
● 高血糖・低血糖にならない
● 砂糖の1.5倍の甘さ
● 抗酸化性は砂糖の100倍
● 上品な甘さ
● 使用量が少なくて済む
● 便秘の解消に
● 疲労回復に
● 体脂肪が増えない
別窓 | なにかのご塩でありが糖 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |