FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

イギリスの専門期間の見解

東京のH.Hさんからいただいた情報です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

イギリス政府が科学顧問のHilary Walkerなどに依頼して日本大使館に送ってきた、
15日現在の影響評価(日本語要約by岩瀬大輔氏)

1つの原子炉がメルトダウンしても、被害が出るのは50キロ圏内。

2つ以上の原子炉がメルトダウンしても、被害はあまり変わらない。

現在の20キロ圏内の避難勧告は、妥当な判断。

専門家は、東京在住者への健康被害の可能性はないと見ている。

専門家は、風向き云々ではなく、東京は距離的に離れているから健康には影響ないと見ている。

原子炉が冷やされるにつれて、10日程度で状況はかなり改善する。

日本の当局から出される情報は、多くの機関から監視されており、現在まで正しい情報を流していると見られている。

チェルノブイリとはかなり状況が違う。

チェルノブイリの時は、原子炉がメルトダウンし、ケースが爆破し、何週間も炎上していた。

チェルノブイリの時でさえ、30マイル(50キロ)離れていれば、健康を守るのに十分だった。

一番問題となったのは、被災した食料・飲料を食べて病気になったこと。

当時、食料の放射線レベルを測定したり、危険を知らせる試みは、全くなかった。

ブリティッシュスクールの校長は、学校を閉鎖し続けるか質問してきたが、原発を恐れ、閉鎖する必要はないと回答した。

ヨウ素に関して、専門家は、多量の放射線や被災した食料・飲料を取り込んだ際に限り必要となるもので、
長期にわたり、ヨウ素を体内に取り込むのは、どんな場合であっても、不健康。


・・・・・・・・・・・・・

安心材料としてガイガーカウンターを確認してください。
http://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html


別窓 | 地球環境 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |