FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

堀田医院 堀田忠弘先生「堀田式野菜スープ(解毒=デトックス)」

昨日の記事を書いていて、以前堀田先生とお話した時に、『堀田先生のデトックススープについて、ブログに掲載してもいいですか』と尋ねたところ快く了承いただいたことを思い出しました。

堀田先生は、野菜を利用してので「デトックス(解毒)スープ」を考案され、著書『身体は、なんでも知っている』の中で書かれています。

日常でどうしても身体の中にたまってしまう、毒を排出する方法の一つとしてぜひ摂り入れてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■有害物質を解毒する酢と昆布の使い方

(1)葉もの野菜(パセリ、青ジソ、レタス、キャベツ、ほうれん草など)
 
酢水(水1リットルに対し、純米酢およそ10ミリリットルを混ぜたもの)に調理前の野菜を20分間浸けておきます。これで殺虫剤や除草剤、寄生虫の反応が消えます。あとは普段どおり洗って調理します。

(2)根菜類(ジャガイモ、レンコン、ゴボウ、ニンジン、大根など)
 
昆布(5センチ角)をいれた入れた水に、皮をむいた野菜を入れて5分ほどボイルします。有害物質が煮汁のなかに溶け出すので、煮汁は捨て、野菜は軽く洗って料理します。

(3)玄米
 
昆布(5センチ角)をいれた入れた水に、12時間浸けます。そのあと水を捨て、1,2度洗って炊きます。糠の部分に含まれる農薬も除去できます。

(4)白米
 
研いだ米を、昆布(5センチ角)とともに90分間水に浸けます。そのあと水を捨て、新しく適量の水(すでに水を含んでいるので3割減)を加えて炊きます。

農薬(殺虫剤、除草剤)は肝臓=胆嚢経、腎臓=膀胱経、胸腺の働きを弱めます。さらに交感神経の緊張を起こし、アレルギー、視力低下、難聴、生理痛などの原因にもなります。

肉体的な害ばかりでなく、抑うつ、心配・不安などの精神的にも影響しますから、「面倒だ」などといわずに、できるだけ実践していただきたいと思います。

こうした日常的なことに気を配るか否かで、健康状態はうんと違ってくるのです。

■堀田式野菜スープ(デトックススープ)

特に、堀田先生考案のデトックススープは漢方薬のようなすばらしい効能を持つ野菜スープである。抗がん、抗酸化(抗老化)、免疫力賦活、解毒、整腸作用、利尿、脂肪吸収抑制、抗細菌、抗ウイルス、血行促進、消化を助ける、各種痛み、抗うつ、ボケ防止、抗アレルギー、血糖降下、骨粗しょう症、貧血、ホルモンバランスの調整、生理不順、冷え性等と心身のトータルバランスを良くしてくれる。本物とは、シンプルでかつ万能のものを言います。まさに、この堀田式野菜スープはその本物だと思う。

<堀田式スープ>
現代人の健康を蝕む三大悪ともいうべき、有害金属、化学物質、寄生虫・ウイルスを排泄するのに効果的なスープです。どこにでもある野菜で簡単に作れ、味も良いです。

〈レシピ〉
(1) ゴボウ40g 生姜20g タマネギの皮2分の1個分
(2)長いも60g マイタケ一握りの半分
(3)レンコン100g パセリ一握り分
(4)ニンジン90g 自然塩小さじ2分の1
(5)ゴマ油

〈作り方〉
タマネギの皮とパセリは酢水に浸けてから使用します。そのほかの野菜の皮を剥いて適当な大きさに切っておきます。鍋に水約2リットルを入れてから沸騰させたら、野菜そのほかを順番どおりに入れていきます。

(1) の野菜(3種類)を入れ、3分待つ
(2)の野菜(2種類)を入れ、1分待つ
(3)の野菜を入れ、1分待つ
(4)のニンジンと自然塩を入れ、五十分間トロ火で煮る

火を止めた後、飲む前にほんの少しだけゴマ油を入れる
コップ半分から一杯程度を1日に2~3回に分けて、食前または食間に飲みましょう。残った具は、タマネギの皮だけ捨てて、ほかの料理に利用したり、ミキサーにかけて飲んだりして下さい。

材料の野菜は有機栽培で無農薬のものが理想ですが、こだわるよりも続けることが大切です。一般のスーパーでそろえた野菜で作ってもきわめて効果的です。

最初、有害金属や化学物質を排泄させる目的でこのスープを開発したのですが、そのあと寄生虫とヘルペスウィルスを駆除する目的で、野菜を追加しました。そうして、現代人の健康を蝕む三大悪ともいうべき、有害金属・化学物質、寄生虫、ウィルスを排泄するのに効果的な堀田式野菜スープができあがったのです。

ありふれた食材を使ったこのスープの効果を確かめながら、私は、「自然とはじつに偉大なものだ」とつくづく教えられたのでした。私たちは自然がつくった素材をもとに、生活に便利なものから化学薬品まで、さまざまなものを作ります。ところが、それによって健康が損なわれたとき、癒してくれるのは自然の素材がいちばんだ、ということに気づかされたのです。

「身体は、なんでも知っている」堀田忠弘先生より 転載

身体は、なんでも知っている―なぜ体調が悪いのか?どうすれば治るのか?身体は、なんでも知っている―なぜ体調が悪いのか?どうすれば治るのか?
(2007/04/16)
堀田 忠弘

商品詳細を見る


医師がすすめるパワーストーン―病気を治し魂を癒す「石」の医力医師がすすめるパワーストーン―病気を治し魂を癒す「石」の医力
(2009/06)
堀田 忠弘

商品詳細を見る

別窓 | 堀田医院堀田先生 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<○495 今回の講演で特に先生が強調したことは、なにかのご塩のことです。 | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | 04/12のツイートまとめ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |