FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

木内鶴彦さんの講演会を開催します。

以前から、書いていますように木内鶴彦さんのお話は、たくさんの方に聞いていただきたいと感じるお話です。

しかし、木内さんの講演会は、あまりその情報が公にされているものではありません。

そこで以前から、講演会を主催したいと申し出ていました。

そして、先日、京都での講演会を開催ができる運びとなりました。

ご縁のある方にぜひ聞いていただきたいです。

アセンションにも関係のあるお話です。

ぜひ、この機会に私の人生にさらなる希望の光をくださった木内鶴彦さんのお話を聞いてみてください。

日時:2月1日(日) 18:00~ 

場所:京都市中京区
詳しい場所につきましては、お申し込みいただいた方にご案内いたします。

会費:2000円

参加を希望される方はこちらのフォームからお申し込みください。

人類の6.8%、地球環境をとりもどす社会構造を作る人化運動を広めたいです。
48cd8120852a735088889700555091a9.pngbanner2.gif20081001_282448.gif4eb78def6eacd009e47265f85b9589e9.png
応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中からアセンションへの扉を押してね。
クリックいただいた方へ感謝を込めたプレゼント詳しくはこちら

今日はいい日だ。

お気軽にご質問、ご意見、ご感想をぜひお寄せください。
下の地球のロゴ、あるいは、こちらをクリックしてください。

Earth-message.gif
          地球が癒される

携帯からご覧の方は●こちらの携帯用ページからメッセージをください。

木内鶴彦さんプロフィール
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

小学5年生の時に池谷・関彗星を見て以来、彗星に興味を持つ。学生時代には天文同好会に所属。卒業後も長野県臼田町(現佐久市)にて天体観測を続ける。臨死体験者としても有名。航空自衛隊にて運航管理者(ディスパッチャー)として勤務していた22歳のとき、当時としては大変珍しい上腸間膜動脈性十二指腸閉塞で一度死亡を確認されるも30分後蘇生した。 死後蘇生したことが医師のカルテに記録されている例としては国内で唯一である。その経過は学会で報告され、本人側の記録も木内の著書として刊行されている。回復後は、航空自衛隊を退官、彗星捜索を再開する。 コンピュータによる軌道計算と写真乾板による彗星探査が普通である中で、木内氏は電卓と大型双眼鏡での眼視によって、当時行方不明になっていたスウィフト・タットル彗星を再発見するほか、3つの彗星を発見するなどして、全世界から一躍注目をあびた。木内の当時の彗星捜索のスタイルは、毎日、大型双眼鏡を八ヶ岳の山中にかつぎ上げ、眼視で観測することが特徴であった。

2008年現在、全国で講演会・観望会を行い、天文や環境問題を説いて回っている。特に光害と、そこから派生する自然環境破壊を強く訴える。

2008年7月、2003年に出願していた、太陽光を利用した炭素化炉システムの特許が日本をはじめ各国において認可された。現在、実証試験炉建設を計画中である。 炭素化炉は、巨大な反射鏡により太陽光を集光し、真空透明容器に入れられた廃棄物等に照射することで処理を行う。通常の物質は炭素・水素・ナフサなどに分解し、二酸化炭素や有害ガス等は発生しない。ダイオキシンや化学兵器、爆薬なども安全に処理することができ、理論上は核廃棄物も処理可能であるという。 太陽光により処理をするため、燃料費が不要であり、環境汚染の恐れがない、あらゆるものの処理が可能であることなどが最大の特徴である。 また、生成される炭素・水素・ナフサは高純度であり、産業での利用が期待される。l

生き方は星空が教えてくれる生き方は星空が教えてくれる
(2003/04)
木内 鶴彦

商品詳細を見る

別窓 | 告知・連絡 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<●その65 猫背が改善され、まっすぐになりました。 | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | 木内鶴彦さんの講演会を開催します。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |