FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

六ヶ所村・再処理工場の直下に活断層か、M8の恐れも

六ヶ所村再処理工場の直下にM8クラスの地震のおそれもある活断層が見つかったそうです。

この再処理工場は、当初の予定が遅れに遅れて現在8月に本格稼働の予定となっています。

本格稼動すれば100万kw級原発1基1年間分の放射能が1日で排出されるといいます。

以前の記事(2007年4月15日)にも書いたとおり、『六ヶ所村ラプソティー』をぜひ観ていただきたいと思います。

事実を知ることからすべてが始まります。

アーチストの坂本龍一さんらによる六ヶ所反対のウェブサイト
http://stop-rokkasho.org/

できるだけたくさんの人がこの事実を知ること、そして、私たちの意識が変わることが必要だと感じます。

今、5分6秒の時間の余裕がある方は、まずは予告編だけでも見てください。



●上映スケジュールなどをチェックできる公式HPはこちら


参考バックナンバー
●元GE原発技術者・菊地洋一さんの講演会へ行ってきました。


<六ケ所村>核燃料サイクル施設の直下に未知の活断層 青森

青森県六ケ所村の日本原燃原子燃料サイクル施設の直下に、マグニチュード(M)8クラスの大地震を引き起こす地下活断層があるとの調査結果を、東洋大の渡辺満久教授(変動地形学)や広島工業大の中田高教授(地形学)らの研究グループがまとめた。最新活動時期は過去3万年以内で、06年改定の原発耐震指針の評価対象(12万~13万年以内)になるとみられる。渡辺教授は「耐震性のチェックをやり直すべきだ」と指摘する。

 渡辺教授らは、地層が上へ乗り上げる「逆断層」が地下で動いた場合に地表にできる特異な隆起(長さ15キロ、幅1キロ)が施設のすぐ東側を南北に走っているのを確認。地下に活断層があると考え、日本原燃が06年に行った地震波探査データも調べた。その結果、同じく施設東側の活断層出戸西方(でとせいほう)断層(長さ6キロ)の真下の地下500メートル~1.5キロに、施設直下へ斜めに沈み込む新たな逆断層面があった。

 日本原燃も出戸西方断層の存在は確認しており、07年11月に国に提出した耐震安全性評価で、活動時期を3万年以内として耐震設計で考慮。近くの海域を南北に走る「大陸棚外縁断層」(同84キロ)については「12万~13万年以内に動いた形跡が認められず、活断層ではない」とした。

 これに対し、渡辺教授は、隆起の規模や地形の連続性から、指摘した活断層(同15キロ)は外縁断層とつながっており、全体で長さ約100キロに達する活断層だと主張。出戸西方断層の活動は、真下を通るこの活断層の活動に伴う副次的なものとし、「全体の活動時期は3万年以内で、耐震上考慮すべきだ」と指摘する。

 日本原燃は「地震波探査や海上音波探査で、施設直下に活断層がないことを確認したとしか現時点では言いようがない」としている。【酒造唯】

毎日新聞

http://mediajam.info/topic/496268

念じながらランキングクリックお願いします!
◎地球が癒される!(fc2blogranking)
◎日本の大地が鎮まる!(人気ブログランキング)
◎全ての人に全ての喜びごとが雪崩のごとくおこる!(ブログ村ランキング)
◎地球にありがとう!(Airranking)
ご協力ありがとうございます!クリックいただいた方へ感謝を込めたプレゼント詳しくはこちら


お気軽にご質問、ご意見、ご感想をぜひお寄せください。
下の地球のロゴ、あるいは、こちらをクリックしてください。

Earth-message.gif
          地球が癒される

別窓 | 地球環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<○336 一瞬ですが「私はこの転写に一万円も払ったのか!!」とがっかりさせられたものです。 | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | ●その45 このパワーを使って周りを癒せる人になりたいと思います(*^ヮ^*)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |