FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

アセンションへのステップ:見えざる世界の認識 その8

『氣』というエネルギーの存在はもはや私の中では確定しました。
川口喜三郎さんの講演会にいって何度目かの時のことです。

私の目の前で 大の男の人が、
川口さんの入気を受けて、その場でひっくりかえったのを見ました。
川口さんと握手しただけでです。
聞いたこともないような大声を上げて、しかも、
バク転してひっくりかえって倒れこんで、
しばらく身動きされませんでした。
私は少し心配になりましたが、
その男性の方はよく見るとうれしそうに笑っておられました。
どうやら、いつものことのようで慣れておられるようです。
『氣』を感じる方はこれほどまでの反応をするものかと思いました。

私自身は身体に痛い部分もなく、自分自身で体験ができなかったのですが、
何度か講演会に参加して、運よくこういったシーンも見ることができて
やっとその力の強さを認識してきたわけですが、
父はたった一回、初回参加で身をもって『氣』のパワーを知ることになりました。


それは、いつも講演会の中で行われる実験、
相手の痛みがとれるように念じると自分の痛みが取れるという実験でのことでした。

『他人優先で念い(おもい)、行えば、それは必ず自分に帰ってくる』
このことを体得する実験です。

父は首の痛みがあったので、この実験に参加しました。
そして、前にいる人の 足のいたみがとれるように 念じてみたところ、
数分で、父自身の首の痛みが取れたといいます。

父の念いが、相手に伝わり、会場に充満する『氣』の手伝いもあって、
すぐにそれが自分に帰ってきて自分を癒すことになったということです。、

自分の念で首の痛みが取れてしまった父は、
その後の川口さんの信じられないような話を
その場ではかなり素直にうなずいて聞いていました。

『いくら走ってもガソリンが減らない車になることがある、
 それどころか、逆にガソリンが増える車もある。』
『いくら使っても化粧品が減らないことがある。』
『事故をしても、車が目の前で修復されることがある。』・・・
などなど、私自身が最初聞いたときはそんな馬鹿なと思った話にも父はよく反応していました。

まぁ、帰りの電車の中では『けど、あれは信じられんわ』とは言ってましたが。
信じられなくて当然です。経験するまで信じられるわけはないです。

しかし、私は『父と私は貴重な体験を共有した、
私たち親子にとって大きな意味のある出来事だった・・・』と思いました。

世代の違いや、感覚の違いから遠い存在に感じることもあった父を
その後、私はより近い存在に感じれるようになってきたように思います。
考えてみれば、父がこのようなある種の価値観の転換をすることは私は心の奥深くで
ずっと望んできたことであったように思います。

それだけに大変うれしい出来事でした。

次回 最終回 まとめです。



ご質問、ご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。Earth-message.jpg
          地球が癒される


今回もお読み下さりありがとうござました!
ランキングに参加しています。
よろしければ、ご協力ください!
いつもありがとうございます!
果たして今は何位でしょうか?
↓ここをクリックしてください!

なお、このブログはリンクフリーです。
転載も特に事前の連絡は必要ありません。お気軽にどうぞ!

別窓 | アセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アセンションへのステップ:見えざる世界の認識 最終回 | アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | アセンションへのステップ:見えざる世界の認識 その7>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |