FC2ブログ

アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

【授業料は無料:キャンパスは世界:教材はウェブコンテンツ:コーチは全員、志を持ったボランティアと経済的余裕のある起業家:先生はいない:2016年施行の教育機会確保法(不登校は問題行動でないという文部科学省の見解)に基づいた、子どもを幸せにする未来の当たり前の学校:JOYオルタナティブフリースクール(仮)】

2018年2月から本格的に設立準備を進め、2018年4月13日設立した

【授業料は無料:キャンパスは世界:教材はウェブコンテンツ:コーチは全員、志を持ったボランティアと経済的余裕のある起業家:先生はいない:2016年施行の教育機会確保法(不登校は問題行動でないという文部科学省の見解)に基づいた、子どもを幸せにする未来の当たり前の学校:JOYオルタナティブフリースクール(仮)】 

を改めてご紹介します。

お知り合いに不登校・非登校の方がいたら教えてあげてくださいね。

入学希望者・コーチ希望者WEB出願はこちら

以下、2018年4月13日の記事より転載します。
・・・・・・・・・・
【授業料は無料:キャンパスは世界:教材はウェブコンテンツ:コーチは全員、志を持ったボランティアと経済的余裕のある起業家:先生はいない:2016年施行の教育機会確保法(不登校は問題行動でないという文部科学省の見解)に基づいた、子どもを幸せにする未来の当たり前の学校:JOYオルタナティブフリースクール(仮)】

【概要】

入学条件
①18歳までの、現在通う学校、通っていた学校に違和感を持っているすべての人。(19歳以上の方はコーチとして受け入れます)
②以下をよく読み、JOYオルタナティブフリースクールで学びたいという意欲を持っていること。

1.カリキュラムは一人ひとりに合わせて作ります。
2.検定料・入学費・授業料などすべて無料です。
(ただし価値を受け取った対価、気持ちの型としてのお金を提供可能な方からは1億円でもいくらでも受付けます)
3.オンラインのみでの登校も可能です。
4.専任スタッフ、ボランティアコーチ、経済的に余裕のある起業家コーチを随時募集していきます。
5.クラウドファンディングを大いに活用します。
6.本部は京都東山サロン。スクール生はどなたでも利用できます。
7.全国の経済的余裕のある空き家オーナーに集いの場所提供を呼びかけてサロンを増やしていきます。

※教育機会確保法(2016年(平成28)12月施行 2017年2月完全施行)
全ての児童や生徒の教育機会を確保し、生徒の意思を十分に尊重し、不登校というだけで問題行動であると受け取られないように配慮することを、文部科学省は通知した。学校に行くのが100%正解ではないということを、法律が認めたということ。「不登校は誰にでも起こり得る」にも関わらず、「学校に行くのが普通の子ども」で「不登校になるのは特殊な子ども」という偏見がまだまだあるが不登校ではない子どもでも、無理に学校に行くことでかえって元気がなくなったり、中には学校に行こうとするとお腹が痛いなど具合が悪くなったりする場合がある。不登校の子どもたちの中には、学校に行かなければと自分を追い込んでしまう場合もある。そんな状況でも保護者は、なかなか休ませると言い出しにくかったのを、法律を根拠に堂々と「しばらく休ませる」と学校に言える。そして、休ませることを勧めにくかった先生にしても、「休むことを受け入れやすくなる」効果がある。子どもも保護者も状況によっては何もせずに休むことを認めることで自分を否定しなくてもいい、自己肯定感につながる。学びの場は、なにも学校に限ったわけではなくフリースクールに通うこともそうだし、海外では家庭で親が勉強を教えることを義務教育の一環として認めている国もある。さらに教育機会確保法は、自治体とフリースクールの連携も求めている。休むことを認める以上は、居場所としてのフリースクールが活動しやすいように行政がどのような支援が必要なのかを共に考えるのは当然のこと。

京都東山が本部のJOYオルタナティブフリースクール(仮)では、一般的な教科、教養だけではなく、生きている喜び、生きていく力、生きがい、生まれてきた意味、生きている意味、使命、ミッションなどの考察を踏まえ、自分は貧乏だとか、無能だとかというあらゆる思い込みから抜け出し、自分は豊かで才能に満ち、可能性は無限だという事実や、目に見えない世界は存在し宇宙法則の下で生かされている事実を伝え、お金と仲良くなる方法など多岐にわたるテーマについて伝えていきます。

希望される方には、私が進学塾・予備校・大学勤務時代にフリースクールを作ろうと思った理由と、何故このタイミングなのかなどについてお話したいと思います。

2018.4.13 創立者 喜多広至

コーチ長 喜多広至
主任コーチ 沢西信次
本部:京都東山 オルタナティブライフジャパンサロン
080-3543-1501/075-541-7946

入学希望者・コーチ希望者WEB出願はこちら

h00237_fig01.png
h00237_fig02.png


スポンサーサイト
別窓 | 教育のアセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

目醒めましょう。長野雅弘先生『楽しくなければ学校じゃない 面白くなければ授業じゃない』

【目醒めましょう】

以前、私が勤めていた京都市内某私立女子中学高校に
校長先生として赴任されてきたことがきっかけで
出会った長野雅弘先生。

女子教育の世界では極めて有名な方で
ウィキペデイアなどで確認いただければ
わかりますが数々の女子中学・高校で
教師の意識改革をし
経営をV字回復されてきた
私が尊敬する教育学者です。

『楽しくなければ学校じゃない
面白くなければ授業じゃない』


という標語を作り学校として掲げた初めての人。

その後、このコンセプトは
さまざまな学校で取り上げられているようで
最近ではいくつかの学校が掲げるようになりました。

このコンセプトが広がるだけでも
日本の教育は変わっていくと思っています。

『私は職員室の担任だ』

という言葉のとおり
先生たちを魅了し、意識を変え
そして、先生たちをスターにしていく。
先生たちが輝くと生徒たちも楽しくなる。

そんな好循環が
先生が赴任された学校には
起こっていると感じています。

そして、著書を読んでいただければご理解いただけますが
先生は目に見えない世界もしっかりと認識、理解されている方で
私が学校勤務時代からこのようなブログ発信をしていたこともあって
当時から私は先生とは懇意にしていただいています。

先生のブログはここで読めます!
http://www.nagano-masahiro.com/about_my_site/

復習継続法

photo_nagano_dai.jpg
長野雅弘プロフィール
1956年生まれ。大学卒業後、20年以上高等学校にて教鞭をとる。その後私立学校校長職を約15 年(4校)務める。その間、私学協会役員や各種審議会委員に就任。指導書、辞書、教科書、教育書など35冊の出版物あり。新聞への教育コラム 連載、子育て誌等への寄稿が多い。また、公的機関や私的機関からの講演を多数こなし、TV・ラジオへの出演も多い。全国的な教育者ネットワー クを持ち、大きく動いている教育諸問題解決に関わっている。現在聖徳大学児童学部教授として4期目。

いつもこのブログでご紹介している長野雅弘先生が
やる気のでるサプリメントなるものをプロデュースされています。
やる気をサポートするサプリメントSTUDYENERGY(スタディエナジー)



長野雅弘先生についての過去の記事はこちら

別窓 | 教育のアセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2018年4月13日開校!学校に行かないという選択を支援する【JOYオルタナティブフリースクール】の生徒募集を開始します。

まだまだ準備段階ですが募集開始します。
2018年4月13日開校!学校に行かないという選択を支援する【JOYオルタナティブフリースクール】

入学希望者・コーチ希望者WEB出願はこちら

【授業料は無料:キャンパスは世界:教材はウェブコンテンツ:コーチは全員、志を持ったボランティアと経済的余裕のある起業家:先生はいない:2016年施行の教育機会確保法(不登校は問題行動でないという文部科学省の見解)に基づいた、子どもを幸せにする未来の当たり前の学校:JOYオルタナティブフリースクール(仮)】

【概要】
入学条件
①18歳までの、現在通う学校、通っていた学校に違和感を持っているすべての人。(19歳以上の方はコーチとして受け入れます)
②以下をよく読み、JOYオルタナティブフリースクールで学びたいという意欲を持っていること。

【主な特徴】
1.オンラインのみでの登校も可能です。(1つめの障壁を取り払います)
2.検定料・入学費・授業料などすべて無料です。(2つめの障壁を取り払います)
(ただし価値を受け取った対価、気持ちの型としてのお金を提供可能な方からは上限を設けず受け付けます)
3.ボランティアコーチ、経済的に余裕のある起業家コーチを随時募集していきます。
4.クラウドファンディングを大いに活用します。
5.本部京都東山サロンを開放します。スクール生はどなたでも利用できます。
6.全国の経済的余裕のある空き家オーナーに集いの場所提供を呼びかけてサロンを増やしていきます。(1つ目の障壁を取り払います)
7.カリキュラムは一人ひとりに合わせて作ります。(フリーウェブコンテンツ中心となります)
8.教育機会確保法の2つの柱の認知度を上げ、本人、保護者、学校の先生、地域の人々に『不登校は問題行動ではない』という文部科学省の最新の見解を啓蒙します。(3つ目の障壁を取り払います)

※教育機会確保法(2016年(平成28)12月施行 2017年2月完全施行)
全ての児童や生徒の教育機会を確保し、生徒の意思を十分に尊重し、不登校というだけで問題行動であると受け取られないように配慮することを、文部科学省は通知した。学校に行くのが100%正解ではないということを、法律が認めたということ。「不登校は誰にでも起こり得る」にも関わらず、「学校に行くのが普通の子ども」で「不登校になるのは特殊な子ども」という偏見がまだまだあるが不登校ではない子どもでも、無理に学校に行くことでかえって元気がなくなったり、中には学校に行こうとするとお腹が痛いなど具合が悪くなったりする場合がある。不登校の子どもたちの中には、学校に行かなければと自分を追い込んでしまう場合もある。そんな状況でも保護者は、なかなか休ませると言い出しにくかったのを、法律を根拠に堂々と「しばらく休ませる」と学校に言える。そして、休ませることを勧めにくかった先生にしても、「休むことを受け入れやすくなる」効果がある。子どもも保護者も状況によっては何もせずに休むことを認めることで自分を否定しなくてもいい、自己肯定感につながる。学びの場は、なにも学校に限ったわけではなくフリースクールに通うこともそうだし、海外では家庭で親が勉強を教えることを義務教育の一環として認めている国もある。さらに教育機会確保法は、自治体とフリースクールの連携も求めている。休むことを認める以上は、居場所としてのフリースクールが活動しやすいように行政がどのような支援が必要なのかを共に考えるのは当然のこと。

京都東山が本部のJOYオルタナティブフリースクール(仮)では、一般的な教科、教養だけではなく、生きている喜び、生きていく力、生きがい、生まれてきた意味、生きている意味、使命、ミッションなどの考察を踏まえ、自分は貧乏だとか、無能だとかというあらゆる思い込みから抜け出し、自分は豊かで才能に満ち、可能性は無限だという事実や、目に見えない世界は存在し宇宙法則の下で生かされている事実を伝え、お金と仲良くなる方法など多岐にわたるテーマについて伝えていきます。

希望される方には、私が進学塾・予備校・大学勤務時代にフリースクールを作ろうと思った理由と、何故このタイミングなのかなどについてお話したいと思います。

コーチ長 喜多広至
主任コーチ 沢西信次
本部:京都東山 オルタナティブライフジャパンサロン
080-3543-1501/075-541-7946

入学希望者・コーチ希望者WEB出願はこちら

h00237_fig01.png
h00237_fig02.png


別窓 | 教育のアセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

【本当に大切なことは隠される】

ダウンロード

【本当に大切なことは隠される】

昨夜は、エレガント女子の権利収入研究会。

別名 喜多広至と歓び組。

前半は真面目な

勉強会でしたが皆さんの興味津々で真剣な姿勢に

私もいつもは話さないことまで

お話しができてスッキリでした。

日本の教育システムでは100年たっても

伝えることはできなないであろう本当のこと。

気づいた人から

人に伝えていくことは

使命のように感じるし

それこそが喜びです。

既成概念とはかけ離れた在り方を

草の根でこうやって伝えていけることに幸せを感じ、

一歩づつ世界が変わりつつあることを感じています。

本当のことを知り、伝えていく仲間を募集中です。


本当のことを知り、伝えていく仲間を募集中です。

権利収入研究会since2007
https://line.me/R/ti/p/%40nle2541o
@nle2541o
ID検索の場合は必ず@をつけてください。

○喜多広至ドリームチーム(億万長者共育プログラム)



S__36429835.jpg

別窓 | 教育のアセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

尊敬する教育者 長野雅弘先生がやる気がでるサプリメントをプロデュース。

いつもこのブログでご紹介している長野雅弘先生が
やる気のでるサプリメントなるものをプロデュースされています。
やる気をサポートするサプリメントSTUDYENERGY(スタディエナジー)



以前、私が勤めていた京都市内某私立女子中学高校に
校長先生として赴任されてきたことがきっかけで
出会った長野雅弘先生。

女子教育の世界では極めて有名な方で
ウィキペデイアなどで確認いただければ
わかりますが数々の女子中学・高校で
教師の意識改革をし
経営をV字回復されてきた
私が尊敬する教育学者です。

『楽しくなければ学校じゃない
面白くなければ授業じゃない』


という標語を作り学校として掲げた初めての人。

その後、このコンセプトは
さまざまな学校で取り上げられているようで
最近ではいくつかの学校が掲げるようになりました。

このコンセプトが広がるだけでも
日本の教育は変わっていくと思っています。

『私は職員室の担任だ』

という言葉のとおり
先生たちを魅了し、意識を変え
そして、先生たちをスターにしていく。
先生たちが輝くと生徒たちも楽しくなる。

そんな好循環が
先生が赴任された学校には
起こっていると感じています。

そして、著書を読んでいただければご理解いただけますが
先生は目に見えない世界もしっかりと認識、理解されている方で
私が学校勤務時代からこのようなブログ発信をしていたこともあって
当時から私は先生とは懇意にしていただいています。

先生のブログはここで読めます!
http://www.nagano-masahiro.com/about_my_site/

復習継続法

photo_nagano_dai.jpg
長野雅弘プロフィール
1956年生まれ。大学卒業後、20年以上高等学校にて教鞭をとる。その後私立学校校長職を約15 年(4校)務める。その間、私学協会役員や各種審議会委員に就任。指導書、辞書、教科書、教育書など35冊の出版物あり。新聞への教育コラム 連載、子育て誌等への寄稿が多い。また、公的機関や私的機関からの講演を多数こなし、TV・ラジオへの出演も多い。全国的な教育者ネットワー クを持ち、大きく動いている教育諸問題解決に関わっている。現在聖徳大学児童学部教授として4期目。

長野雅弘先生についての過去の記事はこちら

別窓 | 教育のアセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

尊敬する教育者 長野雅弘先生がやる気がでるサプリメントをプロデュース! 推奨されています。

いつもこのブログでご紹介している長野雅弘先生が

やる気のでるサプリメントなるものをプロデュースされています。

やる気をサポートするサプリメントSTUDYENERGY(スタディエナジー)




以前、私が勤めていた京都市内某私立女子中学高校に
校長先生として赴任されてきたことがきっかけで
出会った長野雅弘先生。

女子教育の世界では極めて有名な方で
ウィキペデイアなどで確認いただければ
わかりますが数々の女子中学・高校で
教師の意識改革をし
経営をV字回復されてきた
私が尊敬する教育学者です。

『楽しくなければ学校じゃない
面白くなければ授業じゃない』


という標語を作り学校として掲げた初めての人。

その後、このコンセプトは
さまざまな学校で取り上げられているようで
最近ではいくつかの学校が掲げるようになりました。

このコンセプトが広がるだけでも
日本の教育は変わっていくと思っています。

『私は職員室の担任だ』

という言葉のとおり
先生たちを魅了し、意識を変え
そして、先生たちをスターにしていく。
先生たちが輝くと生徒たちも楽しくなる。

そんな好循環が
先生が赴任された学校には
起こっていると感じています。

そして、著書を読んでいただければご理解いただけますが
先生は目に見えない世界もしっかりと認識、理解されている方で
私が学校勤務時代からこのようなブログ発信をしていたこともあって
当時から私は先生とは懇意にしていただいています。

先生のブログはここで読めます!
http://www.nagano-masahiro.com/about_my_site/

photo_nagano_dai.jpg

長野雅弘プロフィール
1956年生まれ。大学卒業後、20年以上高等学校にて教鞭をとる。その後私立学校校長職を約15 年(4校)務める。その間、私学協会役員や各種審議会委員に就任。指導書、辞書、教科書、教育書など35冊の出版物あり。新聞への教育コラム 連載、子育て誌等への寄稿が多い。また、公的機関や私的機関からの講演を多数こなし、TV・ラジオへの出演も多い。全国的な教育者ネットワー クを持ち、大きく動いている教育諸問題解決に関わっている。現在聖徳大学児童学部教授として4期目。




長野雅弘先生についての過去の記事はこちら

2005年から書いているこのブログでご縁のあった
すべての方に読んでいただきたい記事がこちらです↓
2016年6月21日(火)夏至の日11:00~
祈りのイベントにご参加ください。
くわしくはこちら


別窓 | 教育のアセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

私が尊敬する教育者長野雅弘先生の、これまでより一歩踏み込んだ 『 闘う校長日記 』 がここで読めます。


以前、私が勤めていた京都市内某私立女子中学高校に
校長先生として赴任されてきたことがきっかけで
出会った長野雅弘先生。

女子教育の世界では極めて有名な方で
ウィキペデイアなどで確認いただければ
わかりますが数々の女子中学・高校で
教師の意識改革をし
経営をV字回復されてきた
私が尊敬する教育学者です。

『楽しくなければ学校じゃない
面白くなければ授業じゃない』


という標語を作り学校として掲げた初めての人。

その後、このコンセプトは
さまざまな学校で取り上げられているようで
最近ではいくつかの学校が掲げるようになりました。

このコンセプトが広がるだけでも
日本の教育は変わっていくと思っています。

『私は職員室の担任だ』

という言葉のとおり
先生たちを魅了し、意識を変え
そして、先生たちをスターにしていく。
先生たちが輝くと生徒たちも楽しくなる。

そんな好循環が
先生が赴任された学校には
起こっていると感じています。

そして、著書を読んでいただければご理解いただけますが
先生は目に見えない世界もしっかりと認識、理解されている方で
私が学校勤務時代からこのようなブログ発信をしていたこともあって
当時から私は先生とは懇意にしていただいています。

そんな長野先生がブログを長年書き続けておられるのですが
この度、改めて 一歩踏み込んだ内容で
リスタートされるとのことで告知をさせていただきます!

日本全国すべての教育者
そして女子中学生・女子高校生をお持ちのご両親に
読んでいただきたいです!

先生のブログはここで読めます!
http://www.nagano-masahiro.com/about_my_site/

見逃す
↑私が最初に読んだ長野先生の本。とにかく感動し、こんな先生と一緒に仕事ができていることが嬉しかったのを覚えています。

photo_nagano_dai.jpg

長野雅弘プロフィール
1956年生まれ。大学卒業後、20年以上高等学校にて教鞭をとる。その後私立学校校長職を約15 年(4校)務める。その間、私学協会役員や各種審議会委員に就任。指導書、辞書、教科書、教育書など35冊の出版物あり。新聞への教育コラム 連載、子育て誌等への寄稿が多い。また、公的機関や私的機関からの講演を多数こなし、TV・ラジオへの出演も多い。全国的な教育者ネットワー クを持ち、大きく動いている教育諸問題解決に関わっている。現在聖徳大学児童学部教授として4期目。



















長野雅弘先生についての過去の記事はこちら


別窓 | 教育のアセンション | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ |