アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~

アセンション1+1=∞精神を現実にいかし輝く”今、ここ”を生きて縁のある人とつながる読者参加型体験・感動・気づき実録ブログ

宇宙存在遭遇体験記のかぐや姫さんからのメッセージ。

UFOに乗ったりUFOが迎えに来たり
稀有な体験をしているかぐや姫さん(仮名)。
彼女とこのブログを通じて出会って1年になります。
実際にお会いしたり電話で話したりするなかで
本当に彼女は宇宙から地球を体験しにきたんだなと思うことがよくあります。
そんな彼女からメッセージが届いています。

・・・・・・・・・・・・

皆さま

喜多さんのブログを通し
私の文をお読み頂き
ありがとうございます。

喜多さん「掲載した文、ポエムみたいで分かりにくいよ。」
私「早く言って下さい。」

実体験を詳細に書くとポエムみたいになってしまうようなので補足をさせて頂きます。

掲載頂いている
「宇宙存在遭遇体験記」は、
肉体を伴った実体験です。
霊的な体験ではありません。


2015年5月、とても尊敬する方から、私たちが住んでいるこの地球にも様々な次元に住んでいる人でいっぱいで、目には見えないがバームクーヘンの層のようになっていること、誰もが大切な役割をそれぞれお持ちなこと、などをお教え頂きました。

私は本当は誰なのかを思い出す という、
次元関連の書籍のご紹介も頂きました。


書籍はとても難解で、読み始めてから1年近くが経過していました。

この書籍を初めて開きページを捲った時、驚愕しました。フィボナッチ数列の文字が目に入ったからです。フィボナッチ数列について考え続けていた日々でしたが、書籍をご紹介頂いた方にお話をさせて頂いたことはありませんでした。


2014年X月、私の前に、深く、青く、大きく光り輝く、意思を持った光が現れました。光は弧を描いて宙に浮かび、私を見つめていました。右端の、内側に丸まった、雪のように真っ白な部分は、端に向かい空間に消え入るように薄くなっており、全ての始まりのようにも、終わりのようにも見えました。それは、他界されて間もない知人であることを感じました。


後に、その光はフィボナッチ螺旋であることに気が付きました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの人体図に関連があるのでは?彼はどこまで思い出していたのだろうか?

「私たちは もともとスピリチュアルな存在が人間を体験している だけなのです。
人間がスピリチュアルな体験をしているわけではないのです。」という言葉が、はっきりと理解出来たように思いました。

江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎の代表作 富嶽三十六景を反転すると、富士山を囲む波の部分が、私の前に現れたフィボナッチ螺旋の光と似ています。葛飾北斎が、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・セザンヌなど多くの西洋の美術家たちに影響を与えたのは、彼が描いていたものが人間の本質であったからなのではないかと私は思います。

書籍は、ある程度準備が整っていなければご紹介頂くことはないとのことでしたので、私には理解可能だと信じ、分からなくてもひたすら繰り返し読み返し続けていました。
アルベルト・アインシュタインの言葉を理解出来るのではと始めた弦楽器でしたが、ドとレの間にも半音の音階があるように、その音階もまた次元になぞられる ということで、弦楽器の学びもまた、書籍をご紹介頂くのに必要な準備だったのだろうと思いました。

一体私は何処に向かっているのか、自分でもよく分かりませんでしたが、今どうしても学ばなければならない、という強烈な切迫感から、有りとあらゆる分野について、寝る間も惜しみひたすら学んでいました。


ある日、友人から、

「かぐや姫ちゃんは、
高次元の存在だと感じる。」

と言われました。

「高次元の存在?」

「天使か、宇宙人」

知的で信頼出来る友人でしたが、
この時は言われていることが
よく分かりませんでした。

「姿形は人間なんだけど、
本当に存在がそう感じる。

世界を良くするため、
今地球で学んだり、
行動しているように見えて、

学んでいるように見えるけど、
知っていることを思い出そうと
しているように感じる。」


「宇宙存在遭遇体験記」は、
この一ヶ月後からの私の実体験の一部です。

私はこのことを特に親しい人と
家族に話すのみに留めていて、
多くの人に公開する必要性は
全く感じていませんでした。

しかし、喜多さんから
「詳細に書き留めておいてほしい。
このことを多くの人に知ってもらいたい。」
と、何度かお話があり、

私の役割なのかも知れない。
と、ブログへの掲載を決めました。

宇宙船へ向かい上昇している最中から、宇宙船内の方から触れられる前まで、私の肉体から離れた魂だけが上昇しているのでは?とも思いましたが、両肩からその方の体温と体重が伝わって来た時、肉体と魂は離れておらず、現実なのだと分かりました。

先日掲載の宇宙船写真は、2017年4月に私に会いに来て下さった時のものです。

皆さまのお役に立てたら嬉しいです。

かぐや姫

S__6258693.jpg
S__6258695.jpg

別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

かぐや姫さんよりメッセージが届いています。

かぐや姫さんに
実体験をまとめていただいた
宇宙存在遭遇体験記の続きを掲載します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2016年4月16日 23時過ぎ


ベランダの窓を開けた。

右側の、白い大きな雲のようなものの中から
白い小さな雲のようなものが
2つ、

スーッと 直線的に移動し、
私の部屋の延長線上で
ピタリと停止した。

他に雲らしきものは見当たらない

すっきりとした夜空だった。


「貴方方ですね。」
私は言った。


1つは停止したまま、
1つが円盤型へ変形した。

元の形へ戻った。

円盤型へ変形した。

元の形へ戻った。

円盤型へ変形した。

元の形へ戻った。



数回、繰り返した。


「ありがとうございます。」
私は言った。


2機の宇宙船は、
空間に吸い込まれるように消えていった。

S__12320905.jpg

別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

かぐや姫さんよりメッセージが届いています。

久しぶりの更新となりましたが
みなさまお元気でしょうか。

今日は十五夜ですね。

2017年4月11日、かぐや姫さんは
会いに来てくれたUFOの画像を
カメラに収めたものを送ってくれました。

十五夜の夜の今夜なら
それを公開してもいいとのことですので
掲載したいと思います。

S__5275656.jpg

かぐや姫さんに
実体験をまとめていただいた
宇宙存在遭遇体験記の続きを掲載します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

なぜ言われたことが理解出来たのかは、


分からない。


ただ、当然のように理解出来た。


全身の細胞が、感じた。



柔らかく煌めく美しい春の木漏れ日に、


優しく揺られているようだった。



あぁ、


そうだ。


言わなければ。。。



言葉を、


絞り出した。



「、、、、、、地球に、、、


帰ります、、、」



「、、、、、、地球に、、、


帰ります、、」



「地球に、帰ります!!!!!」





















というものが、


存在しないのでないのではないかと思うほど


静かな沈黙が、流れた。



思考が、高速で分析されているのを感じた。





スッと、


肩に置かれていた手が、


離れた。


背中から、温かな感覚が、消えた。






一瞬、私たちの間に流れる時間が、


停止したように、感じた。





スーと、身体が下降していた。












隣に引っ越して来た男性の声が、


壁越しに聞こえる。



帰って、、、、きた。。。。。



時計を見ると、


まだ、23時過ぎだった。


かぐや姫

S__5406724.jpg

別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

かぐや姫さんよりメッセージが届いています。

皆さま

喜多さんのブログを通し
私の文をお読み頂き
ありがとうございます。


一般相対性理論、特殊相対性理論を唱え
1921年にノーベル賞を受賞した
ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者、
アルベルト・アインシュタイン 。


私は、彼が好きです。

彼の言葉はどれだけ時を経ても、
魂に響き続けます。


以下、アインシュタインから娘への手紙より、抜粋。(現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、この世界を支配している力は愛である、と言っています。)




私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために
今明かそうとしているものも、
世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。


必要に応じて何年でも何十年でも、私が下記に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、
お前に、この手紙を守ってもらいたい。


現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。
それは他のすべてを含み、
かつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによって
まだ特定されていない。


この宇宙的な力は、愛だ。


科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らは、この最も強力な見知らぬ力を忘れた。


愛は光だ。
それは愛を与え、
かつ受け取る者を啓発する。


愛は引力だ。なぜなら、ある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。


愛は力だ。なぜなら、それは私たちが持つ
最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで
絶滅するのを許さないからだ。


愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。


愛は神であり、神は愛だ。
この力は、あらゆるものを説明し、
生命に意味を与える。
これこそが、私たちがあまりにも長く
無視してきた変数だ。


それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない、宇宙のなかの唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。


愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。


「E=mc2」の代わりに、
私たちは次のことを承認する。


世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。


私たちを裏切る結果に終わった、宇宙のほかの諸力の利用と制御に
人類が失敗した今、私たちがほかの種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。


もし、私たちが
自分たちの種の存続を望むなら、もし、私たちが
生命の意味を発見するつもりなら、もし、私たちが
この世界と、そこに居住する
すべての知覚存在を救いたいのなら、

愛こそが唯一のその答えだ。


おそらく、私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる
憎しみと身勝手さと貪欲を、完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。


しかし、それぞれの個人は
自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機を持っており、そのエネルギーは
解放されるのを待っている。


私たちがこの宇宙的エネルギーを与え、かつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、
私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛にはなにもかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。


なぜなら、愛こそが生命の神髄
だからだ。


私は自分のハートのなかにあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。


恐らく謝罪するには遅すぎるが、
時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、
お前のおかげで私が
究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ。


お前の父親アルベルト・アインシュタイン



科学雑誌Newton

http://www.newtonpress.co.jp/

http://www.newtonpress.co.jp/newton/upcoming.html


かぐや姫
別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇宙存在遭遇体験記 vol.4

2017051100033304c.jpg


引き続き
日本国内某所在住のかぐや姫さん(仮名)に
実体験をまとめていただいたふ
宇宙存在遭遇体験記を掲載します。

質問がある方は
可能な範囲で答えてくれると思いますので
管理人喜多ヒロシまでメッセージください。

みなさんからの反響を見て
2017年4月11日かぐや姫さんに
会いに来た UFOさんの映像を
公開するかどうかを決めたいと思います。

・・・・・・・・・

真後ろに、顔が、ある。


呼吸音が、聞こえない。。。。。。。。。。


とても、奇妙だ、と思ったが、


失礼が、伝わらないよう、


平常心を、心掛けた。


この方が、地球人と殆ど同じ姿であることを


私は知っている、と、思った。



次の瞬間、


肩から、温かな熱エネルギーが、


背中全体へ、一気に伝わり、


私を包み込んだ。



恐怖や、不安の、全てが、


完全に、消えた。



光り輝く、


美しく、


柔らかなベールに、


優しく、包み込まれているようだった。



抱きしめてくださっているのだ、と、


分かった。


何かが、ドクドクと強烈に、


身体中の細胞へ、伝わって来た。




これ、、、、、、は、、、、、、、、、、?




、、、、、、、、安心感、、、、、、、、、




、、、、、、、、優しさ、、、、、、、、、




、、、、、、、、温もり、、、、、、、、、




、、、、、、、、、愛、、、、、、、、、、




、、、、、、、、、愛、、、、、、、、、、




!!!!!!!!!!愛!!!!!!!!!




これは、、、、、、愛 !!!!!!!!!!



透明で、


美しい、


純粋な、


愛だけが、


私を包み込んでいた。




母?


違う、


でも、同じだ、と思った。



私は、ずっと、


この方々に、愛されていたんだ。


私は、ずっと、


この方々に、愛されているんだ。



『貴女を見守っている私たちは、


こういう者です。』


その方は、そう、テレパシーで言われた。


「ありがとうございます。」


震える声で、私は答えた。

別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇宙存在遭遇体験のかぐや姫さんからのメッセージ


宇宙存在遭遇体験をされたかぐや姫さん(仮名)より
皆さんにメッセージが届いています。




皆さま


こんばんは。


喜多さんのブログを通して、
私の文をお読み頂き、
ありがとうございます。


私は、音楽が好きです。
特に、バッハの曲が好きです。


彼の曲は、どれだけ聴いていても
耳障りに感じることがありません。


以下、「アミ 小さな宇宙人」より、抜粋。




「それは地球の音楽じゃないか」


「そうだよ。バッハだ。すばらしいね。」


「もし本当に良い音楽だとすれば、それは地球だけでなく、普遍的に評価されるよ。」


「芸術は愛の言葉だ。そして愛は普遍的だ......。」




お勧めの書籍です。



かぐや姫


別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇宙存在遭遇体験記 vol.3

S__13664297.jpg

引き続き
日本国内某所在住のかぐや姫さん(仮名)に
実体験をまとめていただいた
宇宙存在遭遇体験記を掲載します。

質問がある方は
可能な範囲で答えてくれると思いますので
管理人喜多ヒロシまでメッセージください。

みなさんからの反響を見て
2017年4月11日かぐや姫さんに
会いに来た UFOさんの映像を
公開するかどうかを決めたいと思います。

・・・・・・・・・

背後から、



私の両肩に、



何かが、



振ってきていた、、、、、、、、、、、、、



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



人が、、、、、、、、、、、、、、、、、、



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



いる、、、、、、、、、、、、、、、、、、



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、





肩から伝わってくる体温が、



これは現実だ、と、



言っていた。。。。。。。。。。。。。。。



私の肉体は、



魂と共に、



今、 ここに、在る。。。。。。。。。。。。





首筋辺りに、



口があることが、



感じられた。。。。。。。。。。。。。。。



触れそうに、



近い。。。。。。。。。。。。。。。。。。


つづく・・・



お気軽にご質問、ご意見、ご感想をぜひお寄せください。
下の地球のロゴ、あるいは、こちらをクリックしてください。

Earth-message.gif
地球が癒される
別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇宙存在遭遇体験記 vol.2

S__13664296.jpg

昨日に引き続き
日本国内某所在住のかぐや姫さん(仮名)に
実体験をまとめていただいた
宇宙存在遭遇体験記を掲載します・・・

質問がある方は
可能な範囲で答えてくれると思いますので
管理人喜多ヒロシまでメッセージください。

みなさんからの反響を見て
2017年4月11日かぐや姫さんに
会いに来た UFOさんの映像を
公開するかどうかを決めたいと思います。

・・・・・・・・・

なぜ宇宙船内にいるのだと理解出来たのかは、分からない。

ただ、当然のように理解出来た。

良かった。
ここは、安全な場所だ。


安堵の後、

ありとあらゆる思いが、
高速で脳内を駆け巡った。

このような事になるとは、
思いも寄らなかった。

私は、
大きな選択肢の前にいる。


行くか、
戻るか。

いや、選択が出来るのかどうかも、
分からない、、、、、



父と母と、
まだ、一緒に居たい。

地球が、
遠く感じた。

私の大切な思い出が沢山詰まった、
宝物箱。

愛おしい、
地球。


だが、今ここに居ることに、
私は素晴らしい喜びを感じているのだと、
伝えなければ、と、

そこに居るであろう誰かに向かい、
言葉を絞り出した。

絞り出さなければ、
声が出ない気がした。


「、、、、、、、、、、、、、、、
ありがとうございます、、、、、
ありがとうございます、、、、、
ありがとうございます、、、、、
ありがとうございます、、、、、」





「パン!!!!!!!」





突然、
大きな音が、静寂を破った。

何かが、破裂したのかと思った。

つづく・・・



お気軽にご質問、ご意見、ご感想をぜひお寄せください。
下の地球のロゴ、あるいは、こちらをクリックしてください。

Earth-message.gif
地球が癒される
別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇宙存在遭遇体験記 vol.1

S__13664295.jpg

さて、お約束通り
日本在住のかぐや姫さんに
実体験をまとめていただいた
宇宙存在遭遇体験記を掲載します・・・

質問がある方は
可能な範囲で答えてくれると思いますので
管理人喜多ヒロシまでメッセージください。

みなさんからの反響を見て
2017年4月11日かぐや姫さんに
会いに来た UFOさんの映像を
公開するかどうかを決めたいと思います。

・・・・・・・・・

「私は 誰?」

その頃 私は自分自身に、
宇宙に、問い続けていた。



一人暮らし。

新しく綺麗で快適な部屋で、
気に入っている。

特に、ベランダからの眺めが好きだ。
ここから星や雲を眺める。



2016年4月13日 23時過ぎ。

部屋で寛いでいた。

隣に引っ越して来た男性の声が、
壁越しに聞こえる。

壁が薄いことだけは、難点だ、、、

マイナス思考はやめよう。

気分を切り替えるため、
座って、ゆっくりと呼吸をした。

あ、あれ、、、?

突然、鼓動が早まり始めた。

何?私の心臓、、、、、
おかしい、、、

私は健康体だ。

だが明らかに今、心臓が異常だ。

いつも私を支えてくれている心臓に、必死でありがとうを伝えた。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。

何かが、起きようとしている。

死、、、だろうか、、、、、?

鼓動は益々早まり、呼吸は激しく、
身体は振動を始めていた。
振動は、全身から音がするほどになっていた。

緊急事態。

救急に連絡すべきかと思ったが、その前に
自分で対処しなければ、終わりかもしれない。

ただ、後戻りは出来ないと、
何かが感じさせていた。

?顔に、冷風が吹き付けている、、、、、
よう、、、な、、、、、

風!!!!!

それは、はっきりと、風だった。

エアコンはオフ。
窓は締め切っていた。

顔に吹き付ける風は、徐々に強まった。

??

????私の身体、上昇している、、、、、よね、、、、、?

いつの間にか、身体が上昇をしていた。

身体は振動に加え、圧が重くかかり、とても重かった。
飛行機の離陸時に似ていた。

周囲が冷んやりとしてきた。
暗く、静寂に包まれていった。

臨死体験というものを、今私は体験中で、
戻り方が分からなければ、戻れないのだろうか?

戻り方を必死で探そうとしてみたが、このままでも良いかも知れないとも思った。



1分間ほど、上昇した。

上昇していた身体が止まり、
ふわりと降ろされた。

宇宙船の中だ!!!!!

私は一瞬で理解した。

つづく・・・



お気軽にご質問、ご意見、ご感想をぜひお寄せください。
下の地球のロゴ、あるいは、こちらをクリックしてください。

Earth-message.gif
地球が癒される
別窓 | 宇宙存在について | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

宇宙存在遭遇体験日記を始めます。

このブログを通じて知り合った女性。

彼女はこれまで何度か
宇宙存在とのコミニケーションをしているそうで
さまざまな体験をしています。

実際にお会いしてみましたが
とてもピュアで地球では生きにくい様子・・・

私はあなたの体験をまとめて発表してみてはと
提案してきました。

彼女が実際にそれを体験して
ちょうど1年となる
4月13日から掲載する予定です。

o0480048012675817185.jpg



別窓 | 宇宙存在について | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アセンションへの扉~1+1=∞あなたと地球が癒される~ | NEXT